蕎麦との出会い

蕎麦と笠井の出会いの話

《はじまり》


80年代初め、ある蕎麦粉会社の社長と出会い、その社長のすすめで製粉機を使用してみたのです。

それまでは蕎麦に特別な感情などなかった私。

しかしそれは、目からうろこの瞬間でした。

 

「本物の蕎麦とはコレだったのか…」

 

自分が知っている蕎麦とは程遠い、まさに本物の蕎麦の魅力をその時知ることとなりました。

 

以来私は、蕎麦にのめり込んでいくのです。

 

《あまりの違いに愕然》

 

それ以前の私にとって、蕎麦とは黒くてぐにゃぐにゃした、うどんが細くなったようなイメージ。さして際立った魅力を見つけられずにいました。

 

しかし、玄蕎麦(皮を剥く前の蕎麦の実)から自身で製粉し、正真正銘の3たて(挽きたて・打ちたて・茹でたて)を食してみたところ気が付きました。

 

もっちりした中にもサックリした食感、香りはさることながら、豊かな甘みが口いっぱいに広がります。

 

私は衝撃をうけました。

 

そこで先ほどの言葉をもらすこととなります。

 

この蕎麦の本当の美味さを引き出すには、つゆにも相当こだわらなければなるまいと思い立ち、さらに研究を重ねたのです。 

 

《そしてこだわりはつゆへ》

 

出汁には昆布をはじめ、本節、宗田鰹、鯖節もあらゆる産地を試しました。

その結果、昆布は島物の2等をあえて使用することに決めました。京料理などに使う1等では上品過ぎて負けてしまう。3等では雑味が出るからです。

その昆布にピッタリと馴染むカビ付けの枯節も見つけました。

 

中部地方ならではの「たまり」を使用せず、蕎麦の甘味を引き出すスッキリとした醤油を用い、出汁とあわせました。

 

長い時間と手間をかけ、理想を追求した結果、最高の蕎麦が完成したのです。

 

《本当の蕎麦を楽しんで頂くために》

 

しかし一つ悩みがありました…。

 

前述したように、蕎麦は「挽きたて・打ちたて・茹でたて」こそが最高です。

蕎麦の本当の魅力を知るには、お手元に出されたらすぐ食べて頂くのが一番です。

しかし、なかなか手をつけて頂けないことも多いのです。

 

次回足をお運び頂いた際はぜひ、できたての蕎麦を口にしてみてください。

 

今までとは違う、本当の蕎麦の楽しみ方を知ってお帰り頂けると思います。

 

店主

蕎麦と笠井のあらたな一歩の話

《蕎麦の新たな可能性にチャレンジ》

 

本物の蕎麦を追求した結果、さらにその一歩先へ可能性を見出すようになりました。

 

蕎麦はもともと油との相性がよく、洋食とも合います。

塩とオリーブオイルをからめ、イタリアン風の塩蕎麦を開発。大変ご好評を頂きました。

それがいつしかオリジナルのコース料理へと発展したのです。

 

さらに、リスドール(フランスパンの粉)と蕎麦粉を配合したパンを商品化。試行錯誤の末、蕎麦粉のパウンドケーキ、焼きドーナツなど、デザートまで幅を広げています。

 

蕎麦のあらたな一面を感じて頂けると思います。